What's 晩餐ヒロックス


2015年、渡部寛隆が日本大学芸術学部演劇学科演出コース在学中に個人ユニットとして発足。
【時間】と【場所】を主軸とした【愛】に関する作風が特徴。
自主公演や学生演劇賞レースに参加し、シアターグリーン学生芸術祭Vol.10では『ト或る星〇ト或る街』が脚本賞、音楽賞を受賞。また、東京学生演劇祭2016では『19年、或いは20年前。』が観客賞に選ばれる。
2017年、主宰の渡部が大学卒業を機に劇団化。
現在は渡部寛隆(主宰・脚本・演出)前田敏光(俳優)小田龍哉(俳優)神達拳仁(音楽)甲斐咲帆(衣裳)佐々木鮎子(衣裳)の6名による集団。


晩餐ヒロックスの歴史とこれから

MEMBER

渡部 寛隆

人生のテーマは伝統と信念。

Supervision

主宰・ 脚本・演出

詳しく見る

前田 敏光

人生のテーマは歩き続ける。

Actor

俳優

詳しく見る

小田 龍哉

人生のテーマは平和。

Actor

俳優

詳しく見る

神達 拳仁

人生のテーマは努力をする者は希望を語り怠る者は不満を語る。

Music

音楽

詳しく見る

甲斐 咲帆

人生のテーマは調和と信頼。  

Costume

衣裳

詳しく見る

佐々木 鮎子

人生のテーマは自由奔放。  

Costume

衣裳

詳しく見る

NEXT STAGE

夏の終わり、景品に繋がれたたくさんの糸をぼくはみていた。
目を凝らして辿る、熱い視線。
ゲーム機?プラモデル?はずれのおもちゃ?
無限に続くその先に想いを馳せる。
300円払って、一本の糸に出逢い、ゆっくり辿って、思い出して、目が合った瞬間、
その視線はまなざしになって、ぼくは引かずに、紡いでゆく。

CONTACT